歯の黄ばみは、研磨剤を使わないで、歯を白くする 歯の隙間の、黄ばみを落とすには、黄ばみの元となって...

歯の隙間の黄ばみを落とす歯磨き粉の選び方

歯の黄ばみは、研磨剤を使わないで、歯を白くする
歯の隙間の、黄ばみを落とすには、黄ばみの元となっているステインを除去する必要があります。研磨剤を使用する歯磨きは、ステインを落とす際に、歯や歯茎を傷つけてしまいます。ステインは、浮かせて落とすことが大切です。汚れやステインを吸着し、除去する成分が配合されている歯磨き粉を選びましょう。

歯の隙間には、汚れがたまりやすいために、どうしても黄ばみが生じます。お茶やコーヒーだけでなく、毎日の食事でも、歯は汚れて黄ばんでいってしまいます。だからこそ、毎日の歯磨きが重要です。歯をコーティングし、汚れが付着するのを防いでくれる成分が、配合されているものを選びましょう。

歯の隙間は、歯垢がつきやすく、虫歯になりやすいところです。虫歯になると、歯は黄ばんできます。黄ばみを除去することはもちろんですが、虫歯にならないように、予防する歯磨き粉であることが大切です。虫歯を予防する成分が、配合されているものを選びましょう。口臭や歯茎の炎症などを、同時にケアしてくれるものがおすすめです。お口のなかをトータルでケアすることで、根本的な黄ばみの原因を回避し、歯を白くすることにつながります。